ボンベ

プロパンガスのボンベを購入する方法と新品と中古の値段をチェック

更新日:

プロパンガスは、

安全にボンベを置けさえすればどこでも使える

というのが、便利ですよね。

イベントや学園祭の露店、キャンプなどでガスボンベをレンタルしたことのある人も居るのではないでしょうか。

 

ただガスボンベは、家庭で設置されているものや、レンタルのものばかりではありません。

個人でガスボンベを購入して、所有することもできるんです

 

ガスボンベを購入すると気になるのが、『値段』『購入方法』ですよね。

実際、ガスボンベはどのくらいの値段なのでしょう?

どうすれば買うことができるのでしょうか?

 

今回は、ガスボンベを購入する方法や値段について、お伝えします。

新品と中古のボンベ、両方について書いているので、ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

プロパンガスボンベの購入方法

ガスボンベはどうしたら買える?

ガスボンベはどうしたら買える?

ではさっそく、ガスボンベの購入方法の話をしましょう。

ただし、ガスボンベを買う時には、その前にしなければならないことがあります。

まず、そのことからお話ししますね。

 

ガスボンベを買う前に、質量販売の業者を探す

ガスオ
ガスボンベを買って、自分で所有したいな

と思ったら、まず先に

ボンベにガスを充填してくれるガス業者を見つけておきましょう

実はこれが、ガスボンベを安く買えるところを探すより、大事です。

 

なぜかというと近年は

質量販売(ガスをボンベに充填して売ること)をしてくれる業者が減っているからです。

 

また、質量販売をしていたとしても

  • 普段からガスを契約している人にしか質量販売しない
  • ガス業者から一定の距離以内でないと質量販売しない
  • 移動販売やキャンピングカーでの使用など、移動して使う前提での質量販売はしない

など、質量販売に条件を設けているガス業者もあります

つまり、ガスボンベ本体を買うことより、中身のガスを売ってもらうほうが難しいのです。

 

ガスボンベを買ってしまってから、

『充填できない!』

なんてことになったら、残念ですよね。

なので、まずは質量販売をしてくれる業者を探してみてください

 

新品のガスボンベを買う場合

では、実際にボンベを買う時の話に行きます。

 

新品のガスボンベは

  • ガス業者
  • ネットなどの通販

で買うことができます。

では、それぞれの買い方について、もう少し詳しくお話ししましょう。

 

ガス業者から買う場合

『プロパンガスボンベはガス業者から買える』

といっても、

どこの業者でも買えるわけではありません

ガスボンベは売っていない業者や、

『個人の方にはガスボンベをお売りしません』

という場合もあります。

 

まずは、ネットなどでプロパンガスボンベの販売をしているガス業者を探し、問い合わせてみると良いでしょう

 

ネット通販の場合

ネット通販の場合は、個人でも購入することが可能です。

『楽天』など、大手の通販サイトでも購入できます。

ただし、ガスボンベは、中身が入っていなくても、離島への発送はできません

また、ショップによっては、注文したらキャンセルできない場合もあります

そういった制限もあるので、

通販サイトや商品のページをよく読んでから購入してください。

 

中古のガスボンベを購入する場合

中古のガスボンベは

  • ネットオークションサイト
  • フリマサイト
  • 譲渡サイト

などで出品されたものを購入することができます

(ガス業者やネット通販で中古のガスボンベを売っている所は、筆者が調べた限りでは、ありませんでした。)

 

ですが、筆者としては、

ネットオークションやフリマサイトで中古のボンベを買うことは、おすすめしません

ガスボンベを販売している業者では、

『使用済みのガスボンベを安易にオークションなどに出さないでください』

とも言っています。

 

ガスボンベは、危険物である『ガス』を入れる容器です。

が責任をもって管理しているか明らかにしておくため、所有者の登録が必要です。

そしてガスボンベには、登録した所有者の記号番号が打刻されます。

でも、オークションなどで個人売買されると

『所有者の変更がきちんと行われず、登録してある所有者と実際の所有者が違ってしまう』

ということも起こりかねず、

安全のための管理が不十分になる可能性があるのです。

そのため、ガス業者では、オークションなどに出さないようにと言っているのでしょう。

 

では、その辺りのことについて、お話ししましょう。

 

購入後、ガスボンベ所有者変更の手続きをしなければならない

オークションなどでガスボンベを購入したら、所有者変更の手続きが必要です

ガスボンベを譲り受けたら、速やかに所定の手続きに従って容器の所有者をガスボンベに表示する』

ということが、法律によって定められています。

先に書いたように、ガスボンベは所有者を登録し、管理記号番号を打刻してあります。

所有者が変わったら、登録の変更手続きや、管理記号番号の打刻し直しが必要です。

この手続きをしないと、ガスを充填してもらえないばかりか、法律違反になってしまいます

 

つまり、ガスボンベの場合、一般的にオークションなどで出されている雑貨や本などのように

『AさんがBさんに譲ることを了承し、引き渡せばOK』

というわけにはいかないのです

 

この規則には罰則もあり、もし違反した場合は

『6ヵ月以下の懲役もしくは50万円以下の罰金、またはこれを併科』

とのこと。

 

…という規則があるので、どうしてもオークションなどでの購入を検討するなら、先に、

『ネットオークションやフリマサイトで中古ボンベを購入する場合、所有者変更をするにはどのような手続きが必要なのか』を、

高圧ガス保安協会

https://www.khk.or.jp/

一般社団法人 全国LPガス協会

https://www.japanlpg.or.jp/

で問い合わせ、確認しておいてください。

 

ネットオークションやフリマサイトで買う場合は

「それでもネットオークションやフリマサイトで買いたい!」

という人もいるかもしれないので、その場合注意することについても、お話ししておきましょう。

  • 充填期限がしっかり画像に写っているものを選ぶ
  • 画像や説明書きなどをよく確認する
  • わからないことは、出品者に質問する
  • 出品者の評価などもきちんと確認する

 

プロパンガスボンベには

『充填期限』

があります。

この『充填期限』を過ぎたら、再検査をし、合格しないとガスを充填することができません

 

『買ってすぐ充填期限が来て、再検査』

というのでは、使いにくいですよね。

検査にも費用がかかるので、

充填期限は必ず確認し、なるべく充填期限まで間があるものを選ぶと良いです。

 

『画像や説明書きなどをよく確認する』

これもネットで個人売買する時の基本ですよね。

とくに、ガスボンベはガスを入れるので、絶対に安全なものでなければなりません。

  • 画像がない
  • 画像があいまい
  • 説明書きの情報が不足している、わかりにくい

などという場合は、やめておきましょう

 

また、オークションサイトなどでは、

使えなくなったガスボンベを出品している人もいます。

出品のタイトルに

『ジャンク品』

『充填期限切れ』

と書いてあればわかりやすいのですが、必ずしも書いてあるとは限りません。

とくに価格の安いものは、ガスボンベとして使えないものも多いので、よく確認してください。

 

また、画像や説明書きからわからないことがある場合は、遠慮なく出品者に質問しましょう。

「わからないけど、まあいいか」

と買ってしまうのは、『ガスボンベを買う』という面でも、取引の面でも、心配が残りますよね。

 

そして、出品者の評価や、以前に購入した人のコメントが見られるのであれば、必ず目を通しましょう。

安心して取引できそうな人かどうかの、判断材料になります。

ネットオークションやフリマサイトでは、時々

  • 説明書きと違う
  • 不良品などを送られる

というようなトラブルが起きることがあります。

そういったトラブルを、できるだけ防ぐためです。

まして購入するのはガスボンベです。

値段だけで決めず、

きちんと対応している人かどうかも考えて、買ってくださいね。

 

新品と中古、買うならやはり新品を

『できるだけコストを抑えたい』

という時、安く買える中古のガスボンベは、魅力的ですよね。

でも筆者個人としておすすめなのは、

新品で買うこと

です。

なぜかというと、やはり

『確実に安全』

『新品のほうが手続きなどが楽』

だからです。

 

もちろん、中古のガスボンベが必ずしも危ない、ということではありません。

ただ、ガスボンベには6年に1度の検査が、それぞれ義務付けられています。

前に使った人が、その検査を確実に受けている保証はありません

たとえば、『新品同様』と書いてあっても、

『買って使わずに、検査もせずに、5、6年しまっていた』

という可能性も考えられます。

検査の有無なども、正確に伝えてくれる出品者であればよいのですが、これも必ずしもそうとも言えませんよね。

 

また、先に書いたように、

オークションなどでの売買は、安全を確保するための管理が不十分になる可能性もあります

また、所有者変更の手続きなども煩雑になるかもしれません。

 

そういったことを考えると、

やはり新品のほうが安心して購入し、使えますよね。

 

ガスボンベと一緒に購入が必要なもの

ガスボンベを使うには

  • 調整器
  • ニップル
  • ホースバンド
  • ホース
  • ヒューズコック

といった器具が必要です。

 

このような器具は、

器具だけのセットで売っていることも、ボンベとセットで売っていることもあります

多くの場合はセットのほうが安くなります。

また、ボンベとセットで買えば、合うものを売ってくれるので、セットで買うのがおすすめです

 

プロパンガスボンベの値段は?

ガスボンベの値段は…?

ガスボンベの値段は…?

では、プロパンガスボンベの値段は、いくらくらいなのでしょう?

これについても、新品と中古、両方の場合についてお伝えします。

 

新品のガスボンベの値段

新品のガスボンベがいくらくらいか、調べてみました。

販売店にもよりますが、ガスボンベ本体のみで、

2kg…9,500~10,800円

5kg…10,000~11,500円

8kg…10,500円~13,500円

10kg…11,000円~15,800円

くらいの価格帯です。

 

実際には、このほかに消費税や送料などがかかります。

また、ガス器具につなぐための調整器やコック、ホースなども必要です。

トータルで安い所を探してみてくださいね。

 

中古のガスボンベの値段

中古のガスボンベを、ネットオークションやフリマサイトで買う場合は、

安いもので3,000円台から、10,000円弱くらいのものが多いです。

 

ただし、先に書いたように、

ネットオークションなどで買う場合は、安さだけで決めて買うのはおすすめしません。

商品の説明や出品者の状況など、よく確認してくださいね

 

ガスボンベを充填する料金はどのくらい?

ガスボンベを持っていても、ガスを入れなければ使いようがないですよね。

では、ガスを充填するには、どのくらいの費用がかかるかというと、

ガス1kgにつき、540円~800円前後くらい

を大まかな目安として考えると良いでしょう。

 

ただし、

ガス料金は地域や業者の料金にもよります。

充填してくれる業者を見つけたら、料金も問い合わせてみてください。

 

ガスボンベには検査費用もかかる

ガスボンベは、

6年に1度の耐圧検査が、法律で義務付けられています。

また、充填期限が切れたボンベや、検査期限が切れているボンベも、再検査が必要です。

これに合格しないと、ガスを充填することはできません。

この検査には、業者にもよりますが、一例では3,000円程度の費用がかかります

 

また、初めてボンベにガス器具を取り付ける時は、ガス器具の検査があります

その後も、ガス器具は4年に1度の検査が必要なので、これも必ず受けてくださいね。

 

プロパンガスボンベを所有するなら

管理や保管にも注意を!

管理や保管にも注意を!

ここからは、

ガスボンベを個人で所有する時に大事なことや、管理などについて

お話しします。

管理の基準などもあるので、よく読んでください。

 

ガスボンベの管理にも気を付けて!

ガスボンベは、ガスを入れているものです。

使う時も使わない時も、当然、管理もしっかりしなければなりません。

 

ガスボンベを設置する時は、

ガスボンベを設置する基準

  • 火気から2m以上離して設置する
  • 車両などがぶつかったりしない、安全な場所に設置する
  • ガスが滞留しない、風通しの良い場所に設置する
  • ボンベは安定した場所に設置し、転落、転倒しないようにする
  • ガスボンベの腐食を防ぐため、水はけのよい場所に設置する
  • ガスボンベの温度は40℃以下に保つこと
  • バルブなどが損傷を受けないように対策をする

という基準が設けられています。

 

また、管理する場合についても、設置基準に加えて、

ガスボンベを管理する基準

  • ガスボンベ置き場には、携帯電灯以外の灯火を持って入らない
  • ガスボンベを保管する設備は、不燃性や難燃性の素材で作った屋根や遮蔽板などを設ける
  • 万が一ガスが漏れた場合にもガスが滞留しないよう対策をする
  • 鍵をかける

といった対策をする必要があります。

 

このような基準は、プロパンガスを安全に使ったり管理したりするためのものです。

ガス業者や販売店にも注意事項などをよく聞いて、必ず守ってくださいね。

こんな時にはガスボンベのレンタルがおすすめ

もし、

  • ガスボンベの管理が大変そう
  • 充填してくれる業者が見つからない、探すのが大変
  • ガスボンベを買っても、頻繁に使うわけじゃない

ということなら、ガスボンベのレンタルおすすめです。

 

レンタルだと

  • 早めにレンタルの予約が必要
  • 使える日数が限られる

といったデメリットもあります。

でも、年に1週間程度しか使わないのであれば、購入するよりコストが抑えられます。

購入するか迷っている場合も、試しにレンタルで使ってみるのも良いかもしれませんよ。

プロパンガスの小さいボンベ
関連記事

屋外イベントでの調理や学園祭の模擬店、バーベキューなどで活躍するのが、 ガスボンベに入ったプロパン(LP)ガス。 ガスボンベが安全における場所なら、どこでも使えるのが、プロパンガスの強みです。 &nb ...

続きを見る

スポンサーリンク

まとめ

ガスボンベは、5kgのボンベだと、

  • 新品でだいたい10,000円前後
  • 中古で3,000~10,000円くらい

で購入できます。

 

新品のボンベは、ガス業者や通信販売で買うことができます。

一方、中古の場合は、ネットオークションやフリマサイトなどで出品されています。

ただし、中古で入手したガスボンベは、所有者の変更の手続きが必要です

手続きが煩雑になる可能性もあるので、筆者としてはオークションなどで買うのはおすすめしません。

「でもやはり、オークションで買いたい」

というのであれば、

手続きのことなどをきちんと調べて、充填期限や商品の状態、出品者の評価などを、よく確認してください

 

また、持ち込みのガスボンベにガスを充填して売ってくれる業者は、減ってきています

ガスボンベを買う前に、充填してくれる業者を探しておいてください

 

そして、ガスボンベの設置や管理も、基準を守ることが大切です。

とくに

『火気は絶対に厳禁』

その他にもいろいろと気を付けることはあります

 

でも、基準を守って油断せず注意すれば、安全に使うことができるのが、プロパンガス

ぜひ、活用してみてくださいね!

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ボンベ

Copyright© プロパンガスをオトクに節約するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.