ボンベ

プロパンガスのボンベを購入する方法!新品と中古の値段をチェック

プロパンガスボンベってどうしたら購入できる?値段はどれくらい?

スポンサーリンク

イベントやキャンプなどでプロパンガスを使うことが多いと、

レンタルではなく、自分でボンベを買っておいて、いつでも好きなときに使えるようにしたい

と思うことがありますよね。

 

プロパンガスのボンベは、個人で購入して所有することもできるんですよ!

 

ガスオ
ガスボンベを個人で買うにはどうしたらいいの?
いくらくらいするのか、値段も気になるな。
カジマル

 

そうですね。

購入方法などはしっかりチェックしておく必要があります。

 

ということで、今回は、

  • プロパンガスボンベを購入する方法
  • プロパンガスボンベの値段はどのくらいか

をチェックしていきます。

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

プロパンガスボンベを買う前に

まず質量販売してくれる業者を探そう!

ガスボンベを個人で買う場合、一番先に必ずしなければならないのは

プロパンガスの質量販売をしてくれる業者を見つけることです。

 

『質量販売』とは、客が持ってきたボンベにガスを充填して売ることです。

 

なぜボンベを買う前に質量販売してくれる業者を見つけなければならないかというと、

近年は質量販売をする業者が減っているからです。

 

さらに、質量販売をしていたとしても

  • 普段からガスを契約している人にしか質量販売しない
  • ガス業者から一定の距離以内で使う場合でないと質量販売しない
  • 移動販売車やキャンピングカーでの使用など、移動して使う前提での質量販売はしない

といった条件を設けているガス業者もあります

 

状況によっては、『ボンベは買えたけど中身のガスが買えない』なんてことにもなりかねません。

だから最初に質量販売をしてくれる業者を探すことが大切なのです。

 

関連記事:プロパンガスをボンベに充填する料金を解説!個人で持ち込みは可能?

 

質量販売の業者の見つけ方

質量販売をしてくれる業者の探し方は

  • 家で契約しているガス会社に、質量販売してもらえるかどうか問い合わせる
  • 契約しているガス会社が質量販売をしていない場合、質量販売をしている業者を紹介してもらえないか相談する
  • ネットで『プロパンガス 質量販売』で検索して、片っ端から問い合わせる
  • ヨドバシ.comのサポートセンターに問い合わせる
  • ガス会社変更サービスに、質量販売をしてくれる業者を紹介してもらえるかどうか問い合わせる

といった方法があります。

 

ヨドバシ.comのサポートセンターでは、

  • 地域のボンベ取り扱いガス会社の相談
  • 指定地域のプロパンガス提供会社の紹介

をしています。

詳しくは、ヨドバシ.comのこちらのページを見てくださいね。

ヨドバシ.com『LPガスボンベのご購入』

 

なお、ガス会社変更サービスは、通常はガス会社の乗り換えや料金についての相談を受けています。

質量販売の業者についての相談を受けるかどうかは、サービス側の判断によります。

でもガス会社に詳しいので、どうしても見つからないときは紹介可能かどうか相談してみるのも手ですよ。

 

質量販売をしてくれる業者を見つけたら

質量販売をしてくれる業者が見つかったら、

ボンベ本体や必要な器具も購入できるかも、ぜひ問い合わせてみてください。

 

プロパンガスの質量販売をしている業者の中には、

  • ガスボンベやホースなどの器具も売っている
  • 充填済みのガスボンベを売ってくれる

という業者もあります。

 

同じ業者から一緒に買えば楽ですし、業者にとってもメリットになりますよ。

 

プロパンガスボンベを買う方法は?

ボンベはどこでどうやって買えばいい?

新品のガスボンベを買う方法

まず、新品で購入する場合の買い方です。

 

新品のガスボンベは

  • ガス業者
  • ネット通販

で買うことができます。

 

ガス業者から買う場合

ガス業者からボンベを買いたいときは、

  1. ネットなどで、プロパンガスボンベの販売をしているガス業者を見つける
  2. 個人に売ってくれるかどうか、問い合わせる

という手順がおすすめです。

 

ガス業者でも、すべての業者がボンベを売っているわけではありません。

容器を販売している業者が見つかったら、買いに行く前に

個人にボンベを販売しているかどうか、問い合わせましょう。

 

  • 個人にはボンベを販売していない
  • 充填も含めての販売しかしていない

といった業者もあるからです。

 

実店舗をネットで検索して探すときは、『ボンベ』よりも

『LPガス 容器 販売』といったキーワードがおすすめです。

 

ネット通販の場合

ネット通販の場合は、個人でもボンベ本体を購入することが可能です。

 

ただし、

  • 持ち込みのボンベでも質量販売をしてくれる業者を見つけておく
  • 購入する前に商品ページをよく読んで、商品の内容と注意事項などを確認する
  • 送料や発送可能地域などについても、よく確認する
  • わからないことは注文する前に問い合わせる

ということを忘れないでください。

ショップによっては、注文したらキャンセルできないことがあるからです。

 

主な通販サイトでの各サイズのボンベの取り扱い状況は、2022年9月14日現在で

楽天

⇒2kg、5㎏、8㎏、10kg

Amazon

⇒2kg、5㎏、8㎏、10kg

Yahoo!ショッピング

⇒2kg、5kg、8kg

という状況です。

 

加えて、ガス業者で通信販売をしていることもあります。

 

通信販売で買うときは

  • 空のガスボンベでも、離島への発送はできない
  • ショップによっては配送不可能なことがある
  • 業者からの距離によって配送料が違う
  • 土日・祝日や混雑時には配送できないことがある

といった配送の条件も、しっかり確認しましょう。

 

中古のガスボンベでもOK?

  • ネットオークションサイト
  • フリマサイト

などでは、中古のガスボンベが出品されていますよね。

 

でも、

ガスを入れて使うなら、中古のボンベを買うことはおすすめしません

特に、ネットオークションやフリマサイト、譲渡サイトでの入手は、やめたほうが良いです。

 

その理由は

  • ボンベの管理状況や安全性が保証できない
  • 宅配業者では、配送を受け付けないことが多い
  • 匿名での取引だと、ボンベの所有者変更の手続きに支障が出る可能性がある
  • そもそもボンベの販売業者では、出品しないように言っている

ということからです。

 

ガス業者も、ボンベの管理や安全性の観点から、『安易にネットオークションなどに出品しないように』と言っています。

ということは、『出品されたボンベを安易に買わないように』ということでもありますよね。

 

中古のボンベを買ってはいけない理由について、詳しく見ていきましょう。

 

ボンベの管理状況が不確か

個人が出品した中古のボンベだと、

  • 規則を守って正しく設置や保管をしていたかどうか
  • ボンベの本体や部品に異常がないかどうか

といったことが保証できません。

 

説明書きや質問などで確認したとしても、それが絶対に本当だという保証はないわけですよね。

フリマサイトやネットオークションには、残念ながら事実ではないことを書いて出品する人もいます。

 

そういったリスクを考えると、

フリマサイトやネットオークション、譲渡サイトなどに出品されたガスボンベは買わない方が良いと考えざるを得ません。

 

メモ

未使用のボンベであっても、管理状況が保証できないことには変わりないので、やめておいたほうが良いです。

 

ガスボンベの配送を頼むのが難しい

ネットオークションやフリマサイトなどで空のガスボンベを買えたとしても、

大手の宅配便会社では、配送を断ることがほとんどです。

 

ガスボンベは『危険物』として扱われることが多いからです。

 

出品者が配送を受け付けてくれる宅配業者が少ないことを知らずに出品していた場合、

  • 配送ができず、取引がキャンセルになる
  • 配送を受けてくれる業者を探した結果、送料が高くなってしまう
  • 出品者のところまで引き取りに行かなければならなくなる

といったことになってしまう可能性もあります。

 

所有者変更の手続きに支障が出る可能性がある

ガスボンベの所有者が変わった時には、

『速やかに所定の手続きに従って容器の所有者をガスボンベに表示する』ということが、法律で義務付けられています。

 

でもネットオークションやフリマサイトで取引をして

  • 匿名取引で買ったために、元の持ち主の名前や連絡先が分からない
  • 代理出品した品で、出品者が元の持ち主の名前や連絡先を教えてくれない
  • 出品者が所有者変更手続きのために連絡先などを教えることを断っている

といったことになると、所有者変更の手続きができません。

所有者変更の手続きには、元の持ち主の住所や氏名、連絡先が必要だからです。

 

所有者が正しく登録されていないボンベだと、ガスの充填を断られる可能性があります。

また、所有者の登録をしなかった場合、『6ヵ月以下の懲役もしくは50万円以下の罰金、またはこれを併科』の罰則もあります。

 

必要な手続きができなかったら、ボンベを使うことができませんよね。

その点でも、ネットオークションなどでの中古購入はおすすめできません。

 

注意

どうしてもネットオークションやフリマサイトでボンベを購入したいときは、

出品者に『所有者変更の手続きのために、連絡先などを教えてもらう必要がある』ということを伝え、OKしてくれる人から購入してください。

 

高圧ガスボンベの所有者登録・変更については、こちらのサイトを見てください。

高圧ガス保安協会『容器所有者登録』

 

新品でボンベを購入するメリット

カジマル
中古でもいいからなるべく安く買いたいとは思うけど、やっぱり新品のほうがいいの?

 

はい。

ボンベはガスを安全に保管し、使うためのものですから、『安さ』だけで判断してはいけません。

 

それに、新品のボンベだと

  • 安全性が確実
  • 充填期限までが長いので、長くボンベを使える
  • 次のボンベの検査までの期間が長いので、検査費用を抑えられる
  • 新品のほうが、所有者登録などの手続きがしやすい
  • ボンベの扱い方などを、専門知識がある業者から直接教えてもらえる

といったメリットがあります。

 

ボンベにかかる費用は、購入費用だけではありません。

充填期限が来た時の検査にも、費用がかかります。

 

安全性や費用面から考えても、ガスボンベは新品購入がおすすめですよ!

 

プロパンガスボンベの値段は?

ガスボンベっていくらで買える?

ガスボンベっていくらで買える?

ここからは、

  • プロパンガスボンベの値段
  • プロパンガスをボンベに充填する費用
  • ボンベの検査にかかる費用

など、ガスボンベを買って所有した時に必要な費用について見ていきましょう。

 

ガスボンベの値段はどのくらい?

まず、ガスボンベ本体の値段です。

 

  • 新品のガスボンベ
  • 中古のガスボンベ

両方の値段を調べました。

 

新品のガスボンベの値段

ガスボンベがだいたいいくらくらいするか、

での価格を比べてみましょう。

 

なお、価格は2022年9月14日現在の税込み価格です。

価格が変わることもあるので、購入するときには確認してくださいね。

 

ボンベのサイズヤナバ商店楽天(本体のみの価格)AmazonYahoo!ショッピング(最安値)
2kg取り扱いなし13,700円11,500円14,500円(セット価格)
5kg13,200円14,600円13,800円13,500円
8kg14,300円15,600円14,500円14,400円
10kg15,400円18,600円16,800円取り扱いなし
20kg取り扱いなし取り扱いなし24,000円取り扱いなし

 

なお、実際には

  • 購入したガスボンベの送料
  • 調整期やコック、ホースなど、ボンベを使うために必要な器具

も必要です。

 

さらに、業者で買うときには

  • 事業所からの距離によって、配送料が違う
  • 土日祝日や混雑時には、買ったボンベの配送ができない
  • 納品まである程度日数がかかる

ということもあります。

配送料や納品までの日数などもよく確認してくださいね。

 

中古のガスボンベの値段

中古のガスボンベがいくらくらいか、

  • Yahoo!オークション
  • メルカリ

で調べてみました。

 

その結果、充填期限が切れていないガスボンベは、9月14日時点で

5kgボンベ(新品未使用、送料込み)

⇒22,000円

8kgボンベ(高圧・低圧ホース付き)

⇒10,000円

10kgボンベ(検査後未使用、送料込み)

⇒9,980円

容量の記載していない、中身の入ったガスボンベ(引き取り限定)

⇒7,500円

といった価格が付いていました。

 

ただし、先に書いたように、

ネットオークションやフリマサイトなどでガスボンベを購入するのは、やめておいたほうが良いです。

 

安全にガスボンベを使いたいなら、きちんと業者やショップから買ったほうが良いですよ!

 

プロパンガスを充填する料金はどのくらい?

ガスオ
ボンベにプロパンガスを充填してもらうのは、どのくらいの費用がかかるの?

 

実際の料金は業者によって違いますが、一例としてELGのサイトに掲載されている料金を紹介すると、

2kg容器充填

⇒1,760円

5kg容器充填

⇒2,750円

8kg容器充填

⇒3,520円

10kg容器充填

⇒4,400円

20kg容器充填

⇒8,800円

※2022年9月14日現在の税込み価格 

引用ELG『小容器ボンベの購入・レンタル・充填』

となっています。

 

ただ、プロパンガスは

  • 同じ地域でも、ガス会社によって価格が違う
  • 同じガス会社でも、事業所によって価格が違う

ということがあります。

 

また、支払方法も、『普段プロパンガスを契約している人にのみ質量販売を行い、料金はガス代と一緒に請求する』など、限定していることがあります。

 

実際の質量販売の価格や支払い方法は、購入するガス会社に直接確認してください。

 

関連記事:プロパンガスをボンベに充填する料金を解説!個人で持ち込みは可能?

 

その他の、ガスボンベに必要な費用

ガスボンベは、ボンベ本体やガス、周辺器具のほかにも

  • 所有者登録の手続き費用
  • ボンベ所有者登録の更新費用
  • 6年に1度の耐圧検査の費用
  • 充填期限が切れたときに、ボンベを使い続けるために必要な検査の費用
  • ボンベを安全に保管するために設備を整える費用(設備を整える必要がある場合)
  • ボンベが要らなくなった時に、業者に回収や廃棄を依頼する費用

がかかります。

どれも法律で決められた登録や検査なので、必要な費用です。

 

こういった費用は、頻繁にかかるものではありません。

でも、『ボンベを所有すると登録や検査、回収などにも費用がかかる』ということも、わかっておいてくださいね。

 

関連記事:プロパンガスボンベの設置基準や保管(置き場)のルールを解説!

関連記事:プロパンガスのボンベの使用期限をチェック!なくなることはあるの?

関連記事:プロパンガスのボンベを処分する方法を解説!自分で捨てるのはアリ?

 

こんな人にはレンタルがおすすめ!

ガスボンベを個人で所有していれば、レンタルの予約などをする手間が省けて、いつでも好きな時に使えますよね。

 

でも、実際にボンベを所有するとなると、費用も管理の手間もかかるもの。

 

もし

  • そう頻繁にボンベを使うわけではない
  • ガスボンベを正しく管理できる自信がない
  • 充填してくれるガス業者を探すのが大変
  • 検査や登録、廃棄に手間や費用をかけたくない

ということであれば、

ボンベを購入するよりも、レンタルがおすすめです!

 

購入するか迷っているなら、まず試しにレンタルで使ってみるのもおすすめですよ!

 

関連記事:プロパン(LP)ガスボンベのレンタル料金をチェック!おすすめ業者は?

 

スポンサーリンク

まとめ

新品のボンベは、ガス業者や通信販売で購入が可能です。

 

ただ、持ち込みのガスボンベにガスを充填して売ってくれる業者は、減ってきています。

ガスボンベを買う前に、充填してくれる業者を探しておいてください

 

ガスボンベの値段は、5㎏ボンベの場合で

新品

⇒1万円ちょっと~1万5千円弱

中古の充填期限前

⇒2万円前後(送料込み)

中古の充填期限切れ

⇒1,000~3,000円くらい

 

でも、ガスボンベを中古で買ったり個人売買で買ったりするのは

  • 管理や検査などをきちんとしていたかどうかが確実ではない
  • 所有者変更の手続きがしにくい可能性がある

といったことから、おすすめしません。

 

ガスボンベは、やはりショップや業者から新品で買うのがおすすめです。

 

業者から買うと

  • ガスの充填もしてくれる
  • ガスボンベの扱い方なども教えてもらえる

といったメリットもありますよ。

 

プロパンガスは、持ち運びがしやすいのがメリット。

ぜひ活用してくださいね!

-ボンベ