ガス器具

ガスの元栓の閉め方と開け方を解説!今は閉め忘れても大丈夫?

スポンサーリンク

ガスの安全を守るために大切な器具の1つが、ガスの元栓。

『ガス器具を使い終わったら、元栓を閉める』というのは、基本ですよね。

 

ガスオ
今までオール電化の所に住んでたから、閉め方や開け方を確認したいな。

はい、確認しておきましょう。

 

それに、

  • 元栓が見当たらない
  • 出かけてから、元栓を閉め忘れたかもしれないと気が付いた

なんてこともありますよね。

元栓が見当たらない時にどうしたら良いかや、閉め忘れても大丈夫かどうかも、知っておきたいものです。

 

ということで、この記事では、

  • ガスの元栓の閉め方と開け方
  • ガスの元栓を閉め忘れてしまっても大丈夫かどうか

について解説します。

 

ぜひ最後まで読んでくださいね!

スポンサーリンク

ガスの元栓の閉め方と開け方は?

まず、ガスの元栓の『閉め方』『開け方』を解説していきます。

ガスの元栓の閉め方と開け方

ガス栓を閉める時は、ガス栓の所についている黒いつまみを

時計回りの方向に止まるまで回し、ガス管と直角にします。

豆知識

押しながら回すタイプもあります。

 

開ける時は、黒いつまみを下に押しながら、反時計回りに押します。

これも止まるまで回して、つまみがガス管と平行になるようにしてください。

ガスの元栓の開閉

大切なことは、

  • 閉める時は、完全に閉める
  • 開ける時は、全開にする

ということ。

 

閉める時も開ける時も、止まるまで回せば、完全に開閉できます。

節約したいからと言って半開で使うのは、NGですよ!

元栓がないタイプのガス栓や見つけにくい元栓の場合

ガスの元栓を閉めようと思ったら、元栓が見つからない!

ということもありますよね。

 

最近は、

  • 元栓がついていないタイプのガス栓を使っている
  • 元栓が、ガスコンロの下など、開け閉めしにくい所に入っている

ということも、よくあります。

こういった場合は、元栓を開け閉めしなくてOKです。

 

ガス漏れしないようにできているので、心配も要りませんよ。

 

ガスの元栓閉め忘れた!大丈夫?

元栓、閉め忘れてきちゃった!

ガスの元栓を閉め忘れたらガス漏れする?

元栓を閉め忘れても、それだけでガス漏れをすることは、まずありません。

ガスの元栓は、ガス漏れしないように作られています。

また、ガスメーターに安全装置が付いているので、大きい地震や大量にガスが流れたりした場合には、ガスが自動的に止まります。

 

ただし、万が一のことを考えると、元栓を閉めることは大切です。

出かけてから元栓の閉め忘れに気が付いて、焦った!なんてことにならないためにも、

  • ガス器具を使い終わったら、火が消えていることを確認し、元栓を閉める
  • 出かける前や寝る前にも、消火していることと、ガスの元栓が閉まっていることを確認する

ということを習慣にしてください!

 

メモ

逆に、『元栓が閉まっているか心配で、何度も何度も確認してしまう』という場合は、

閉まっているのを確認したら、スマホなどで撮影しておくことをおすすめします。

そうすれば、『確認した』ということを確かめられますからね。

ガス漏れ防止のために

先ほど、『元栓を閉め忘れても、それだけでガス漏れすることはまずない』と書きましたが、

『元栓を閉めていれば100%ガス漏れしない』というわけではありません。

 

たとえば

  • ガスホースが緩んでいる
  • ガスホースに亀裂や破損、腐食などがある
  • ガス器具が故障している
  • ガスの種類と、ガス器具やガスホースの適合ガス種が合っていない

という場合には、ガス漏れする可能性があります。

 

ですから、

  • ガスホースは、ガスの種類、ガス器具の種類に合ったものを使う
  • 時々、ガスホースにゆるみや破損がないか点検する
  • ガス器具の点検や手入れをする

ということも、時々はしてください。

 

また、ガス器具に異常がある場合は、使わずに、すぐにガス会社に連絡してくださいね。

関連記事:プロパンガスと都市ガスのガスホースの違いとは?接続口や接続方法を解説

そもそも元栓がついていない場合

元栓がないタイプのガス栓の場合は、元栓は開け閉めしなくて大丈夫です。

(というか、開け閉めしようがないですよね。)

 

『元栓のないガス栓』というのは、こういったガス栓です。

左の『ヒューズ付きガス栓』は、ガス栓そのものに安全装置が付いています。

 

また、右側のガス栓は、

  • 接続器具を差し込むと、ガス栓が自動的に開く
  • 接続器具を外すと、自動的にガス栓が閉まる

という仕組みです。

万が一、接続器具が外れても、ガス漏れが起きることはありません。

 

ただし、あくまでもガス栓の安全装置です。

ガスホースの破損やガス器具の故障などによるガス漏れは、防ぐことはできません。

ガス栓が安全でも、ホースやガス器具は、時々チェックしてください。

普段は開け閉めしない前提の元栓もある

普通の元栓だと、

『ガスを使う前に元栓を開け、使い終わったら閉める』

という使い方をします。

 

でも、『毎回開け閉めしない』ことを前提に作られている元栓もあります。

それは『ねじ栓』というタイプの元栓。

『ねじ栓』は、ビルトインコンロや風呂釜など、頻繁に動かすことができないガス器具に使われます。

 

このねじ栓は、頻繁に開け閉めしない方が良いです。

 

なぜかというと、ねじ栓の場合、

使うたびに開け閉めすると、グリス切れを起こしてしまい、ガス栓本体からガス漏れする可能性が出てくるからです。

 

ガスオ
元栓を閉めないで、ガス漏れしない?

大丈夫です。

 

ねじ栓に使うガスホースは

  • 頑丈にできている
  • ホースを工具でがっちり固定するので、外れることもまずない

ということから、普通のガスホース以上にガス漏れしにくくできています。

ですから、毎日毎回元栓を開け閉めしなくても大丈夫なのです。

 

ただしこれも、長期の留守などの場合は、元栓を閉めておいた方が良いでしょう。

元栓を開けっぱなしだとガスが無駄になる?

ガスオ
元栓を開けっぱなしにすると、少しずつガスが出て無駄になるんじゃない?

いえいえ、元栓を開けっぱなしにしても、ガスが無駄になることはありません。

ガス器具を使わない限り、ガスを消費することはないからです。

 

もし、ガス器具を使ってないのにメーターが回るとすれば、それはガス漏れです。

 

万が一

  • ガス器具をほとんど使っていないのに、ガス代が高い
  • 先月とガスの使い方が変わらないのに、急にガス代が上がった

という時は、ガス漏れの可能性があります。

必ずガス会社に連絡して、確認してください。

関連記事:ガスのスイッチや元栓を閉めると使用量は減る?節約効果をチェック

古いガス栓は交換を!

古い建物だと、ガス栓も古いまま、ということがあります。

ガス栓が古そうな場合は、

ガス会社に連絡してチェックしてもらい、必要に応じて交換してもらってください。

 

というのも、古いガス栓の場合は、

  • 安全装置が付いていない
  • ガス栓の状態によっては、ガス漏れを防ぎにくい

ということもあるからです。

 

そして、使い続ける場合は、ガス器具を使い終わったら、きちんと元栓を閉めましょう。

 

『古いガス栓』とはどんなガス栓かというと、こういったタイプのものです。

 

また、こういったタイプではなくても、

  • なんとなく古そう
  • 動きが悪いのが気になる

といった場合には、ガス会社に相談してください。

スポンサーリンク

まとめ

ガスの元栓は

  • 閉める時は、つまみを時計回りに回す
  • 開ける時は、つまみを下に押しながら、反時計回りに回す

という方法で、簡単に開け閉めできます。

 

ただし、現在では

  • 元栓を開け閉めする必要がないガス栓
  • 頻繁には開け閉めしないほうが良い元栓

もあります。

ビルトインコンロや風呂釜などのガス栓は、『頻繁に開け閉めしない方が良いガス栓』です。

 

ただ、何か月にもわたる出張や旅行など、長期に留守にする時などは、やはり気掛かりですよね。

そういう時は、ガス会社に相談してください。

 

最近のガスの元栓は、安全性能も高まり、ガス漏れを起こすことも少なくなっています。

でも、いくら元栓を閉めていても、ホースやガス器具に破損や故障があれば、ガス漏れすることはあります。

時々でいいので、ホースやガス器具の点検をしてくださいね。

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内なら、絶対におすすめです!

-ガス器具